カードローンと金利について

カードローンを利用したいと考えるのであれば、まず覚えておきたいのが利息の計算方法です。漠然と、借入した金額に金利をかけた金額が利息というイメージを持つ人も多いでしょう。ですが、カードローンの金利というのは、年利や年率という書かれ方をしている事が一般的です。この年利や年率というのは、1年間借りた後に返済した場合に必要な金利です。18%と書かれていれば、借りて1年後に返済する時には18%分の利息を支払う必要があるという意味です。1年未満で返済をした場合、この年利や年率は日割り計算となります。1年で18%でも、30日であれば約1.5%となります。ですから、完済までの日数によって支払う利息というのは大きく変わってくる事になります。

現在、カードローンを利用した後の返済は、毎月数千円から数万円ずつ等、一定の金額を支払っていくリボ払いが主流になっています。月々の負担は少なくて済みますが、返済を始めた頃は、毎月返済している金額の大半は利息で、元金は殆ど減っていない状態が続く為、完済までには長い期間が必要となります。完済までの期間が長くなれば、それだけ多くの利息を支払う必要が出て来る事になります。カードローンを利用したいと考えた時、金利が低い業者を選んでおけば、支払う利息も少なくて済むと考える人は少なくありませんが、金利が低いからといって、長期間の借入をする、完済前に何度も借入をしていくという事を繰り返していると、最終的に支払う利息は高額になってしまいます。一括返済が難しい程の高額借入の場合はリボ払いでの返済でも良いでしょう。ですが、一括返済が可能、繰り上げ返済を利用すれば短期間での返済が可能という場合等は、少しでも早く完済できるようにしておく事がおすすめです。カードローンを利用したいと考えた場合は、利息の計算方法を知り、最適な返済方法を選んでいく事がおすすめです。金利が低くても返済方法によっては利息が高くなる事があります。