母子家庭でカードローン審査に通るには

母子家庭の場合、カードローン審査に通りにくい傾向にあります。シングルマザーだからといって他の人よりも借入条件が厳しくなるわけではありませんが、年収が少ない場合は総量規制の関係で申し込むことができなくなります。母子家庭の場合、パートなどの収入を申告するときにすでに年収の3分の1以上のお金を他社から借入している場合、即審査落ちになります。例えば年収120万円の人がすでに40万円借入している場合、すでに年収の3分の1に達しているので審査には通りません。

これを避けるには、消費者金融のカードローンではなく、銀行系のカードローンに申し込むといいです。こちらは総量規制の対象外になっているので、年収の3分の1以上でも借りることができます。多めの利用限度額を申し込みたい人や、年収が低い人は銀行系が適しています。限度額や年収以外で母子家庭の人が気をつけたいのが、資金使途です。ここで「生活資金」として申し込んでしまうと、生活に困っていると判断されて審査に通りにくくなります。なので申し込むときには「レジャー費」として申し込みましょう。これだと一時的に資金が必要になっただけと判断してもらえるので、返済能力に問題なしとみなされる可能性が高くなります。絶対にダメなのが、ギャンブルや株式などの投機や投資目的で借入することです。投機はそもそもダメですが、投資も余裕資金で行うのが原則なので、こういう資金使途での申し込みはやめましょう。また、職業で水商売系の人は審査落ちの可能性があるので気をつけましょう。パートのレジ打ちなどであれば問題ないですが、水商売だと勤務先と勤務実態が把握しづらいという理由から断られることがあります。収入が多くても落ちやすい職業があるということです。逆に、低年収でも毎月同じ金額の収入があれば安定した収入があると判断されるので、パートなどあまり稼ぐことができない人でも審査に通る可能性はあります。